事業案内

住宅防音工事は30年以上の実績のある弊社で!

弊社は岩国住宅防音工事が始まってからの老舗で、岩国住宅防音工事協会(Aグループ)の中でもトップクラスの施工実績を誇り、地元の沢山の方からご信頼を得ております。

住宅防音工事は岩国市の中でも区域が指定されておりその地域によっても工事内容が変わります。

対象地域(PDF)

新規住宅防音工事、追加防音工事がお済の方も要件を満たせば、機能復旧工事で外部建具の取替等が可能になります

防音工事できるかな?(PDF)

新たに防音工事をご希望される方、機能復旧工事をご希望される方はお気軽にご相談ください。書類の書き方・提出の仕方・必要書類準備から工事完了までお手伝いをさせていただきます。

防音工事の区分

1.一挙防音工事
  • 世帯人員+1居室までの居室を対象としています。なお、5居室が限度です。
2.追加防音工事
  • 従前の新規防音工事(※) を実施した住宅を対象に行う住宅防音工事です。
    ※初めて行う住宅防音工事で、2居室以内の居室を対象としていたものです。
  • 世帯人員+1居室から、新規防音工事を実施した居室を除いた居室までを対象としています。なお、5居室が限度です。
  • 一挙防音工事及び追加防音工事を実施した住宅は対象となりません。
3.防音区画改善工事
  • バリアフリー対応住宅や身体障害者等が居住する住宅等を対象に行う住宅防音工事です。
  • 世帯人員が4人以下の場合は5居室まで、5人以上の場合は世帯人員+1居室までの居室を対象としています。
  • 一挙防音工事又は追加防音工事を実施した住宅については、各工事が完了した日から10年を経過した住宅が対象となります。
4.外郭防音工事
  • 住宅全体を対象として行う住宅防音工事です。
  • 85W以上の区域に所在する住宅及び75W以上85W未満の区域に所在する初めて住宅防音工事を行う鉄筋コンクリート造の集合住宅が対象となります。
  • 85W以上の区域に所在し、一挙防音工事又は追加防音工事を実施した住宅については、各工事が完了した日から10年を経過した住宅が対象となります。

機能復旧工事について

空気調和機器の機能復旧工事
  • 補助率は90%です。(自己負担は10%となります。)
  • ただし、助成を受けられる方が生活保護法(昭和25年法律第144号)第6条第1項に規定する被保護者の方又は中国残留邦人等の円滑な帰国の促進及び永住帰国後の自立の支援に関する法律(平成6年法律第30号)第14条の規定により支援給付を受けている方である場合、補助率は100%となります。
  • 対象機器
    住宅防音工事で設置した冷暖房機、換気扇、レンジフードが対象となります。
防音建具の機能復旧工事
  • 住宅防音工事により外部開口部に設置した防音建具の機能を復旧する工事です。
  • 住宅防音工事が完了した日から10年を経過し、その機能の全部又は一部を保持していない防音建具が対象となります。
  • 補助率は100%です。
    100%補助です!

悪徳業者への注意

一部工事業者による悪質(強引・巧妙・雑な工事)な勧誘が行われており、苦情が国に寄せられています。このような事がないよう、安心して任せられる地元業者を選んでいただきたいと思います。

このページの先頭へ